裁判所の調停でもまとまらないと、審判手続きに移行して、法定相続割合を基準にして分けられます。

遺言書がないと、どうなる?

 

家の中を探しても、公的な場所に問い合わせても、遺言書が見つからない場合があるでしょう。
突発的な事故で亡くなったなら、遺言書が用意されている可能性はほぼ無いはずです。

 

 

遺言書が無いと、相続人が全員集まって、どのように分割するか協議することになります。
それにはまず、どのような遺産があるのかすべて洗い出さなければ何も話ができません。

 

後になって新しい遺産が見つかれば、その都度協議しなければいけないので、
最初の段階でしっかり洗い出すようにしましょう

 

 

相続人で協議する時は、全員が同意すれば好きなように分配できます
もちろん、法律で決められた法定相続の割合で分配するのも問題ありません。

 

大切なのは、全員が同意することです。
全員が同意する分配方法が決まれば遺産分割協議書を作成し、署名押印して完了です。

 

 

すんなり決まれば良いですが、中にはドロ沼化するケースもあります。

 

特に、土地や建物の相続は、話がまとまらない傾向があるようです。
土地や建物を売るかどうかでも喧嘩になってしまいます。

 

遺言書が無いとこのようなリスクも発生するので、可能な限り遺言書はある方が良いでしょう。

 

もし、全員の同意が得られず、話がまとまらない時は、遺産分割の調停と審判を行います。

 

裁判所では、話し合いを元に進められますが、それでもまとまらないと、
審判手続きに移行して、法定相続割合を基準にして分けられるのです。

 

 

この法定相続が行われる場合、当然ですが優先順位があります

 

まず、亡くなった人の旦那、または妻とその子供に優先権が行きます。
次に、亡くなった人の父親と母親、最後に亡くなった人の兄弟となります。

 

このように法律で細かく決められているため、遺産相続の際は、よく理解した上で行動しましょう。

 

 

アドバイスする男性のバナー

相続の手続きは非常に大変です。
相続人の全員が共同して作業することも多く、時間が合わずに会えないこともあるでしょう。

 

出来ることは早めに着手して、順序良く進めるのが良いです。遺恨を残さないように配慮しましょう。

 

マイナスの財産がある場合は相続を放棄できる?