遺言書はすべて直筆でなければいけませんし、日付が無いだけでも無効になってしまいます。

無効となってしまう遺言書

ショックを受ける男性のバナー

 

 

遺言書は、正しい形で残しておかなければいけません。

 

どんなに気持ちを込めても、どんな細かく財産分与を決めても、
無効になれば役に立ちません。

 

残された家族が遺産相続で争わないためにも、
無効にならない遺言書を書きましょう。

 

 

まず、どのような場合に遺言書が無効になるか知りましょう。

 

氏名が書かれていない場合や、日付が書かれていない遺言書は無効になります。
「たったそれだけで?」と思われるかもしれませんが、法律でそう決まっているのです。

 

書いた内容が本人以外にありえないとしても、書式が間違っていれば無効となってしまいます。
印鑑を押しておくことも忘れてはいけません。

 

 

次に気を付けなければいけないのが、必ず遺言を残す本人が直筆で書かなけばいけません

 

最近は高齢者の人もパソコンを使えるようになりましたが、
直筆で無ければ内容に関わらず無効になります。

 

代筆をお願いしてもいけません。
直筆で無い時点で遺言書としては無効なのです。

 

ただし、手が震えるなどしてうまく文字を書けない時は、他人が補助するのが認められています
しかし、書くのはあくまでも本人でなければなりません。

 

本文氏名日付すべて直筆するようにしましょう。
日付をスタンプなどで代用してしまったら、たったそれだけでも無効になるのです。

 

 

他にも相続する財産の範囲が不明瞭な場合も遺言書が無効になる場合があります

 

 

このように、ちょっとした間違いで、遺言書は無効になってしまうのです。

 

 

さらに、遺言書を書いている本人が認知症になっているケースも、
意思能力がなかったと判断されて、遺言書が正しく執行されません

 

また、音声での遺言も無効となってしまいます。
ボイスレコーダーなどで簡単に遺言を残そうと思うかもしれませんが、
すべて無駄になってしまうので止めましょう。

 

 

遺言書を残す以上、残そうと思った人には何らかの意思があります。
家族の誰かの幸せを願って書く人も多いでしょう。
その気持ちが届くように、遺言書の書き方は間違えないようにしてください。