相続の対象となる財産と義務

相続の対象

相続の対象は、預貯金や株式、土地や家屋といった不動産などの、目に見えるだけの物だけではありません。
借地権や賃借権、金銭債権、営業権、生命保険に関する権利など目に見えない財産、すなわち「権利」も相続の対象となります。
反面、金銭債権や賃貸借、物を返す、住宅ローン、買掛金や未払金、手形、小切手といった誰かに何かをしなければならない行為、つまり「義務」も相続の対象です。
そのため相続は、権利やマイナスの財産も含めて総合的に考えていかねばなりません。

 

相続の対策として、まずは相続財産をしっかり把握し、整理しておくことが重要です。
どんな財産がどれだけあるのか、生前に財産目録を作成しておき、対策に必要な基礎資料として用意しておきましょう。
まず相続財産を把握できないと、相続財産の額や税金の計算ができません。

 

財産目録の基本はプラスの財産とマイナスの財産を分けたうえで、財産を種類ごとに記載することです。
財産は時間の経過によって増減があり、評価額が変わるものもありますから、財産目録は作成後、定期的に見直すよう心がけましょう。

 

なお、相続税の計算はプラスの財産からマイナスの財産を引き、残った財産(課税価格)から基礎控除、非課税財産を引き、税率をかけて算出します。