推定相続人と法定相続分について

推定相続人と法定相続分

相続人となれる権利を持つ人は配偶者や一定の血族に限定されています。
さらに相続人の中にも第1順位、第2順位、第3順位があり、まずは第1順位の人に相続され、第1順位の人がいない場合や放棄した場合に第2順位の人に、というように承継されていきます。
相続の順番ですが、どの順位の人が相続人となっても、配偶者は必ず相続人となります。
つまり第1順位の人が相続人となる場合は配偶者+第1順位の人、もし第1順位の人がいない場合は配偶者+第2順位の人が相続人です。

 

第1順位の相続人は直系卑属(子)で、第2順位の相続人は直系尊属(亡くなった方の親)、第3順位が兄弟姉妹です。
したがって内縁の妻や連れ子などは推定相続人となる事ができません。
この場合、遺言書によって遺贈を行っておくか、養子にするといった対策が必要です。
相続分は誰が相続人となるかで異なりますので注意しましょう。

 

・配偶者と第1順位の相続人の場合
⇒2分の1ずつ

 

・配偶者と第2順位の相続人の場合
⇒配偶者3分の2、他の相続人3分の1

 

・配偶者と第3順位の相続人の場合
⇒配偶者4分の3、他の相続人4分の1

 

なお、相続人の人数が複数いる場合はその法定相続分を、その人数で分ける事になります。