特別縁故者は相続財産分与の請求手続きをすれば、遺産の一部を受け取れる可能性があります。

相続人が不存在の場合

 

亡くなった人に、遺産を相続する相手が誰もいない時があります。
両親がおらず、子供もおらず、兄弟も居ない場合は、相続人が不存在と判断されるのです。

 

これは、独り身の高齢者に多いケースです。
結婚していないと子供がいないため、このような状態になってしまうのです。

 

また、相続人がいても、遺産相続を放棄した場合は、同様に相続人が不存在として扱われます。

 

 

疑問を持つ女性のバナー

では、
誰も受け取ることが無い遺産はどこへ行ってしまうのでしょうか?

 

結論を言うと、国庫、つまり国が貰うことになります
基本的に現金はそのまま回収され、土地や建物は売却されて現金化されます。
なるべくならこのような状態にならないようにしたいものです。

 

 

ちなみに、遺言書が存在する場合は違います。

 

その遺言書の中に血縁者ではない他人を指定していたり、
特定の団体に寄付するなどの内容が書かれていれば、
血縁者が居なくても遺産を遺すことはできます。

 

遺言書が存在しない場合はこちら

 

 

他にも、血縁者ではない他人が遺産を相続できるケースがあります。
それが、特別縁故者という制度です。

 

亡くなった人をずっと介護していた人などは、国にお金が回収される前の段階で、
相続財産分与の請求の手続きを家庭裁判所にすれば、遺産の一部を貰える可能性があります。

 

この相続財産分与の請求をする可能性がある場合としては、内縁の妻などが挙げられます。
結婚しないで何十年も一緒に生活する事例はよくあります。

 

この時、女性側は結婚していないので、法的には他人の扱いになりますが、
何十年も一緒に生活していたことが認められれば、内縁の妻として、
この相続財産分与の請求が認められるでしょう。

 

養子縁組していないが、自分の子供として育ててきた場合もこれに当たります

 

 

しかし、すべては家庭裁判所が判断することなので、認められなければ遺産はもらえません。

 

内縁の妻や養子にしている子供が居るなら、
婚姻届けを提出し、養子縁組の手続きをしておきましょう。

 

大切な人に遺産が渡らないのは避けたいものです。

 

たとえ相続人が誰もいないとしても
遺産をどのように使って欲しいかは、遺言書に書き残す方が良いでしょう。