相続放棄は、遺産全てを放棄することになるので、土地や家を相続する権利も失うことになります。

相続の放棄

 

家族が亡くなると、その人が持っていたすべての財産を遺産として相続することになります。
受け継ぐ財産には、現金はもちろん土地や建物なども含まれます。

 

頭を抱える人のバナー

そして、この遺産を相続したくない場合は、放棄することが可能です。
ですが、プラスになる遺産を放棄する人は滅多にいないでしょう。

 

ならば、どうして放棄する手段があるのでしょうか?

 

それは、マイナスの遺産相続が行われる場合があるからです。
亡くなった家族が多額の借金をしていたら、その借金も相続しなければいけなくなるのです。

 

家族とはいえ、借金を背負うのはなるべく避けたいものです。マイナスの相続になると分かった時は、遺産相続を破棄する手続きを取りましょう。

 

 

まず、遺産相続の話を知った時点から3ヵ月以内に放棄しなければ
遺産相続を承認したことになるので注意してください。

 

相続を放棄する意思が固まったら、家庭裁判所に申述書を提出する必要があります。
この申述書が家庭裁判所に受理されれば、相続放棄が完了します。

 

知らぬ間に借金をしていて、それが残っているケースも少なくありません。
必ず遺産の内容がどのようなものか確認して判断しましょう。

 

しかし、借金があるからと言って、すぐに遺産相続を放棄するのは早とちりの原因になります。

 

相続の放棄は、遺産のすべてを放棄することになるのです。
つまり、土地や家を相続する権利も失うのです。

 

借金が少額で、他に土地や家があるなら、借金返済を考えるのも良いでしょう。

 

土地や家をすべて売却しても返せないような借金であるなら、
迷わず遺産相続を放棄するのが良いです。

 

また、相続した後に借金が発覚した場合ですが、
借金の存在に気付けなかった明確な理由があれば
相続放棄の申述書が受理される可能性も残っています

 

稀なケースであり判断が難しいため、弁護士や司法書士に相談してみましょう。

 

遺産相続を放棄したら、その次に遺産を受け取る権利がある人へ移行します。
場合によっては、受け取る権利がある人全員が遺産を放棄しなければいけなくなります。
迷惑を掛けないように、しっかりと遺産を放棄しましょう。