遺産相続の協議は全員が同意しなければ遺産相続は開始されず、家庭裁判所に申請することになります。

遺産相続の協議の進め方

 

遺産相続の協議は、とても重要になるため、問題が起きないように進めたいものです。

 

 

最初にやるべきことは、遺言書の存在を確認することです。

 

亡くなった人の部屋を調べたり、公証人役場に問い合わせてみましょう。
公証人役場とは、生前に遺言書を残しておける場所です。
遺言書をこっそりと残しているケースがあるので、一度問い合わせてください。

無効になってしまう遺言書とは?

 

家を探しても、役場にも遺言書が無ければ、次はいよいよ相続人全員での協議を始めます。

 

 

まず、相続人が誰なのかをはっきりさせましょう

 

夫、もしくは妻とその子供が相続人となります。
ここで注意しなければいけないのが、亡くなった人に隠し子がいる場合なのです。
相続人を確定させるためにも、戸籍謄本や相続人関係図を確認しましょう。

 

 

次に、相続人の中に未成年がいる時は要注意です。

 

未成年者が単独で遺産分割に参加するのは不利だと考えられ、
親権者である父親か母親が代理で参加していなければいけません。

 

代理で参加していない状態で協議を進めると、
未成年者の代理人の同意を得ていないことになり、遺産分割の協議を取り消されることになります。

 

未成年の権利が守られるように、しっかりと対応しなければいけません。

 

 

部外者のバナー

準備が整ったら協議を行います。

 

原則として、相続人だけが集まって話し合うようにしましょう。
後で相続人以外の家族や知人に相談することもあるでしょうが、おすすめできません。

 

遺産分割協議がまとまらない原因の1つに、部外者の無責任な発言や心無い要求があります。

 

 

遺産分配には、法律的な制限はありません。

 

例えば、1人がすべての遺産をもらうことに全員が同意すれば問題ないのです。
全員に均等に分配する必要もないので、じっくりと話し合う必要があります。

 

お金は人数で割ることもできますが、土地や建物はそう簡単にはいきません。
1人でも同意しない人が居れば、
遺産相続は開始されず、家庭裁判所に申請しなくてはいけなくなります。

 

 

相続人の全員が同意したら、無事に遺産相続の協議は完了です。