相続の対象となる遺産の評価について

相続する遺産の評価

 

相続する資産には、銀行の預貯金、貸付金などの債権、土地、建物、借地権、借家権等などの不動産、株式、債券、有価証券、電話加入権、ゴルフの会員権などの権利証、絵画、宝飾品、骨とう品、自動車、船舶などの乗り物などの動産など、相続人にとって有益な財産の他に、住宅ローンなどの被相続人に返済の義務のある債務や、被相続人が保証人になっていた場合の保証債務、所得税や固定資産税などの税金の未払い分などの負の財産も含まれます。
不動産の中で、土地の評価額を調べるには、固定資産税通知書や権利書などを参考にして、調べることもできますし、国税庁が毎年定めている路線価方式から調べることもできます。
借地権や借家権等は、登記簿謄本や、借地や借家を管理している不動産会社との契約書などから評価額を確認します。
銀行の預貯金や銀行で保管されている株券などは、遺産が分割されるまで凍結されますが、財産目録作成の為に、銀行に保管されている資産を調べたい場合は、銀行の指定する書類を用意すれば、教えてもらうことができます。
株式や有価証券などは、発行元である会社に問い合わせをします。
絵画などの動産は、専門家に鑑定してもらいます。
資産を目録にして整理しておくと、分割協議をする際に、話し合いがスムーズに行われるだけではなく、相続する遺産に、どの程度の相続税が課税されるのかということが予測できます。
反対に負の遺産があった場合、有益な財産と負の財産を差し引きして、どちらが多いかということも把握することができます。
差し引きして債務の方が多い場合には、限定承認や相続放棄という方法をとることができます。
限定承認というのは、相続人全員が合意した上で、相続する遺産の中から債務を支払い、残った分があれば相続し、債務を支払いきれなければ、残りの債務は免除されるという相続の方法です。
相続放棄というのは、すべての遺産を放棄するというもので、他の相続人の承諾がなくても、個人で決めることができますが、後で、放棄を取り消すことはできません。