相続の方法は3つある

相続の方法

相続の方法には「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の3つがあります。
最も一般的なのが単純承認と呼ばれる方法で、相続財産の一切を無条件に相続する方法です。
しかし、相続財産には預金や不動産といった財産だけでなく、借金や義務などのマイナスの財産もあります。
被相続人(亡くなった方)が誰かにお金を借りていたり、保証人となっていた場合には、それらの返済義務まで課されることになってしまいます。
さらに、法律上、債務については相続人が法定相続分以上の割合で返済義務を負い、遺産分割協議で特定の相続人は債務を承継しなくともよいと決めても、それには債権者の承諾が必要です。
そのため、マイナスの財産が多い場合などには限定承認や相続放棄を行うといった法的手続きを行うほうが望ましいといえます。

 

限定承認とは相続財産の範囲内で債務を負担する方法で、仮に相続財産より借金などの方が大きい場合でもそれは払わなくともよい、とういう方法です。
なお、もし借金を払っても財産が残る場合は、そのあまった財産は貰う事ができます。
つまり、相続財産と債務のどちらの方が多いのかがよくわからない場合やできるだけ借金を返したい、という場合に有効です。
ただし限定承認は相続人全員でしなければなりません。

 

これらに対し、相続放棄とは財産の一切を承継しないという方法です。
明らかに借金の方が多いときや、他の相続人とあまり関わりたくないような場合に有効です。

 

 

例えば・・・
希にではありますが、借金の中でもヤミ金業者を利用した負債を抱える方もいらっしゃいます。
彼らは法とは違う世界で行動をしていますが、故人の借金をチャラにできるわけではないでしょう。
ヤミ金の借金を抱えた親族などがいる場合には、早急に解決する必要があります。
真剣に解決を考えるのならば、プロの闇金相談に問い合わせてみましょう。